韓国 現地情報

一般的な募集スキル

韓国における求人は、日本人向け求人はとても少なく、韓国人求人が圧倒的に多い傾向にあります。
また、韓国では日本に比べて一般的に新卒の定期採用は少なく、中途採用の比率が高い点が特徴です。
中途採用では今までの職務経験や出身業界を重視するケースが多く、即戦力第一であることも韓国人材市場の特徴の1つです。
また、求められる語学力に関しては、韓国語はネイティブ(外国人の方はビジネスレベル以上)、日本語はビジネスレベル以上、それに加えて英語が出来る人材のニーズが近年高まっています。

語学力

<韓国人求職者の方>

日本語 日本人駐在員や日本本社とのやり取りも多く、ビジネスレベル以上の日本語が求められる
英語 業種や業界によるが、メールのやり取り、電話対応などが可能な英語スキルを持っていると尚良い。

<日本人求職者の方>

韓国語 ビジネスレベル以上
英語 できれば尚良い

求められる人物像

韓国人求職者の方
  • 半導体関連、化学、素材、電気電子業界出身者などは年収も高く、年々ニーズが高まっている傾向がある
  • 管理部門系では、人事・総務・経理などの経験者は安定した需要がある。
  • 新卒の場合、日本語が可能な理系専攻の方はニーズが高い
日本人求職者の方
  • 専門職、技術者などの需要は高い
  • 韓国で就労可能なビザ保有者(F-4/在外同胞、F-6/結婚移民)は比較的就業しやすい

給与相場(現地採用の場合)

給与

職種 平均給与
営業 KRW 2600万~
事務系 KRW 2200万~
カスタマーサービス KRW 2200万~
技術者 KRW 3000万~
管理職 KRW 4000万~

(現地通貨:KRW=韓国ウォン)
※経歴やお持ちのスキル、募集企業などにより異なります。
*為替レート: みずほ銀行外国為替公示相場


ボーナス

0~6ヶ月 (会社の業種、規模、業績等により差があります)

諸手当

  • 住宅手当や通勤交通費は給与に含まれる場合が多い。会社のエリアによっては自家用車での通勤が認められることもある。
    その場合は一部手当が支給される場合もあり。
  • 韓国では食事手当を支給する会社が多いが、手当や福利厚生については会社により大きく異なるため、企業毎に確認が必要です。

生活情報

IT環境や公共交通機関が充実しており、医療費も安い。日本とあまり変わらず、住みやすい環境です。

住宅

韓国で家を借りる場合、「チョンセ(伝貰)」と「ウォルセ(月貰)」の2つの賃貸システムがあります。
チョンセ契約とは、入居時にまとまった額の保証金を支払うことで、月々の家賃を免除する韓国独自のシステムです。契約期間終了時に保証金は全額返金されます。
ウォルセは毎月決められた額の家賃を払う制度です。ウォルセの場合も契約時に保証金を支払うのが一般的で、保証金額の額が多いほど月々の家賃額は少なくなるという特徴があります。
ソウル市内は住宅コストが高く、家賃の相場は、ワンルームタイプで月KRW 40万~80万程度、オフィステルで月KRW 80~150万程度、主に駐在員が利用するファミリー向けマンションタイプだとKRW 200万~300万以上の物件もあります。

通勤

ソウル市内はバス、地下鉄が発達しており、物価上昇に伴って交通費も徐々に値上がりしているとはいえ、日本に比べるとかなり割安感があります。 地下鉄の初乗りはKRW 1350(T-Moneyカードと呼ばれる交通カード利用の場合はKRW 1250)、タクシーの初乗りはKRW 3000からの設定です。

医療

医療レベルは総じて高いですが、日本語が通じない病院もあるので、万が一に備えて日本語対応可能な病院をチェックしておくと安心です。

韓国の生活費相場

住居費(ワンルーム)
※別途保証金が必要
KRW 40万~80万
光熱費
※家賃に含まれる場合もあり
冬場はオンドルの使用で高くなる
KRW 8万~20万
食費 KRW 20万~30万
交通費 KRW 5万~7万
交際費 KRW 20万~
通信費 KRW 8万~10万

※ 住んでいるエリア等により相場は若干異なります

ランチ代の相場 KRW 6000~7000
コーヒー代の相場 KRW 4000~5000 等

韓国の就労ビザ申請方法

外国人が韓国で働くためには、就労ビザが必要。
但し現在は取得が非常に厳しくなっているため、専門職でない限り、発給は難しいのが現状です。

<就労ビザの種類>

滞在目的 滞留期限の上限 就労ビザの種類
留学 長期留学 (91日以上) 2年 D-4 (一般研修)
短期留学 (90日以内) 90日 C-3 (短期総合)
専門大学・大学・大学院留学 2年 D-2 (留学)
就業 ワーキングホリデー 協定 H-1 (観光就労)
駐在 3年 D-7 (駐在)
5年 D-8 (企業投資)
現地採用 5年 E-5 (専門職業)
3年 E-7 (特定活動)
語学学校の講師 2年 E-2 (会話指導)
国際結婚 結婚して韓国に済む 3年 F-6 (結婚移民)
  • 詳細は政策により随時変更されますので、最新の情報については必ず各政府機関へ直接お問い合わせ下さい。

* 2016年7月時点

登録すると、国際経験豊かなパソナグローバルのコンサルタントが、
あなたのキャリアを最大限に活かせる、グローバルに活躍できるお仕事をご紹介します。

パソナグローバルに登録
  • 仕事・働き方いろいろパソナグループ各社のご紹介
  • パソナグループの障害者支援アート村ショップ
  • LinkedIn
  • 海外留学生のためのお役立ちメールマガジン
  • パソナグループ