タイ 現地情報

一般的な募集スキル

タイは、東南アジアで最も多く日本人が働く国です。日系企業進出の歴史が古く、自動車業界、各種製造業、関連の商社、物流、IT等幅広い求人案件があります。一方、在留日本人や就職希望の日本人も多いので、未経験職種へのハードルはやや高めです。日系企業においては、日本人を中心とする日本語コミュニティへの関わりと、タイ人や他東南アジアへアプローチするための英語力が重要で、コミュニケーション力・ヒューマンスキルも重視されます。

語学力

タイ語 コミュニケーションレベルのタイ語は生活上必須です。業務上でも、タイ語ができるとタイ人とのコミュニケーションや交流が非常にスムーズになります。ゼロから勉強をスタートして会話スキルを習得される方も多くいらっしゃいます。ただし、片言のタイ語会話ができても、それだけで就職が大きく有利になることはありません。
英語 ビジネスレベルの英語力は、ほとんどのポジションで必須となっています。社内公用語が英語の企業が一般的です。
国内営業職、事務職については中級以上TOEIC600以上、海外営業職は上級以上TOEIC800以上、技術系職種については、コミュニケーションレベル以上が必須となっております。

求められる人物像

日本人現地採用 自律的に仕事に取り組める方、チャレンジ精神のある方、突発的なトラブルや変更に柔軟に対応できる方などが向いています。
特に営業職の場合は、日本人コミュニティでのお酒やゴルフの付合いも多くなることがあるので、心身のストレス耐性があり、社交性が高い方はうまく適応できるでしょう。
母国帰国就労 日本語のミーティングで内容を正確に理解できるレベルのヒアリング力があると、高い評価を得やすくなります。日本語の読み書きもできると、さらに有利です。
日本人の感覚(時間に正確、ホウレンソウを求める 等)を理解した上で、他のタイ人スタッフに日本人の感覚をうまく伝える役割が期待されます。

一般的な待遇

<日本人現地採用の場合>

給与

基本的に、給与は月収ベースで提示されます。

職種 平均給与
営業 THB50,000~THB100,000
事務系 THB45,000~THB70,000
カスタマーサービス THB40,000~THB60,000
技術者 THB60,000~THB100,000
管理職 THB60,000~THB150,000

(現地通貨:THB=タイバーツ)
*為替レート: みずほ銀行外国為替公示相場


ボーナス

0~3ヶ月(企業業績・本人業績による)

ボーナスは、企業の業界や設立年数によって様々ですが、平均すると約1~3ヶ月分支給するケースがよく見かけられます。ボーナスの支給は、年に1回から2回という場合が多いです。

諸手当

現地スタッフと同様の福利厚生となります。
企業によっては、社用車や住宅の現物貸与があり、手当てとしてガソリン実費支給、住宅手当などの例があります。また、全てを含んだ形で月収として提示されるケースも多く、どれがスタンダードということはありません。

社会保障

Social Securityとして、上限一律THB 750が徴収されます。

生活情報

住宅

月収THB 50,000前後の現地採用の方で、月THB 5,000~15,000のアパートやコンドミニアムに住んでいる方が多いようです。不動産エージェントで扱っているのはTHB 30,000以上の物件が中心になるので、自分で直接コンドミニアムに空き部屋を確認したり、タイ人の友人を頼ったりすることになります。外食文化が発達しているため、安いアパートにはキッチンがない物件も多いです。スタジオタイプ(ワンルーム)のコンドミニアムだとベッド・冷蔵後・洗濯機・テーブルなどがあらかじめ備え付けられている場合が多いので、新生活も快適にスタートできます。

通勤

バンコク市内では通勤にBTS、MRT(地下鉄)はよく使われます。交通費は、BTS THB15~ MRT THB 16~ バスTHB 7~  タクシー初乗りTHB 35程度です。
郊外では車通勤が多いです。車とガソリン代実費支給、乗合の送迎車、など様々です。ただし、交通渋滞が激しいため、車での移動時は時間に十分な余裕が必要です。

医療

タイでは最先端医療の導入にも力を入れており、海外からの受診者も多く、総じて医療レベルは高めです。特にバンコクでは日本人が多いため、日本語対応できる医師や、日本語通訳者の常駐する病院もあります。いざという時にキャッシュレス対応などが可能な日本人向けの医療サービスもあります。公的な医療保険のほかに、福利厚生の一環として民間の医療保険に加入している日系企業も多いです。

日本人現地採用者生活費例

THB 50,000/月の収入の場合

月収 THB 50,000
税金 THB 5,000
住居・光熱費 THB 17,000
食費 THB 7,000
日用品 THB 2,000
交通費 THB 1,000
携帯代、インターネット代 THB 1,000
交際費 THB 2,000
THB 15,000

タイの就労ビザ申請方法

就労滞在に必要な手続き

タイで外国人が働くにはノンイミグラントBビザとワークパーミットの二つが必要です。

1. ノンイミグラントBビザ取得

渡航前に、日本のタイ大使館(領事館)でノンイミグラントBビザ:Non Immigrant/Business Visa、通称ノンBビザ)を取得します。

必要な書類
  1. パスポート(有効期限が6ヶ月以上、査証欄の余白部分が1ページ以上)
  2. ビザ申請書
  3. 申請者カラー写真2枚 (サイズ 3.5×4.5cm)
  4. 航空券または予約確認書コピー 申請者名、便名、タイ入国日、出国日の記載必要
  5. 英文経歴書 (タイ大使館HPにフォーマットがあります。)

2. タイに入国後、ワークパーミットを取得

次にタイに入国後、労働局(またはOSOS)で労働許可証(Work Permit)を取得します。受入れ企業から提出する書類もあるので、企業担当者に確認しましょう。前職の在籍証明書は、あらかじめ退職前後に前職の人事に発行を相談しておくとスムーズです。また、最終学歴が日本の場合、渡航前に英文の卒業証明書を取り寄せておきましょう。

申請者が準備しておく書類
  1. パスポート
  2. 写真
  3. 在籍証明書(英文)
  4. 卒業証明書(英文)
  5. 健康診断書(タイの医師によるもの)

ワークパーミットの有効期限は原則としてビザの有効期限に準じています。ビザを延長し、続いてワークパーミットも延長するという順序になります。

90日のノンBビザで入国した場合

入国⇒ワークパーミット取得⇒ビザ延長⇒ワークパーミット延長という流れになります。

  • 就労ビザ等の情報は予告なく変更されることがありますので、最新の情報は関係機関にて必ずご確認下さい。

* 2016年7月時点

登録すると、国際経験豊かなパソナグローバルのコンサルタントが、
あなたのキャリアを最大限に活かせる、グローバルに活躍できるお仕事をご紹介します。

パソナグローバルに登録
  • 仕事・働き方いろいろパソナグループ各社のご紹介
  • パソナグループの障害者支援アート村ショップ
  • LinkedIn
  • 海外留学生のためのお役立ちメールマガジン
  • パソナグループ