グローバル人事ハンズオンサービス

アフターコロナを見据え、多くの日本企業は、これまでの駐在員主導の拠点運営から方向転換を求められています。一方で、多くのグローバル人事の業務を限られたリソースで計画的に進めていくには限界があります。私たちは、そのようなお客様に対して、長年培った海外人事の知見と、グローバルネットワークを活用してご支援します。

「グローバル人事ハンズオンサービス」のご案内

こんなお悩み、ありませんか?

 ●各海外拠点の主要ポジションの役割・権限を把握できていない・・・
 ●グローバル分野に適正のある社内人材のステータスを把握・一元管理できていない・・・
 ●計画的な人員体制や人材育成ができていない・・・
 ●現地採用幹部スタッフの教育育成に関与できていない・・・

課題がまだ明確になっておらず、何から手を付けて良いかわからないような場合でも、お気軽にお問合せください!

貴社のグローバル人事推進業務を、私たちが伴走支援いたします!

サービスの特長

1.経験豊富なコンサルタントによる伴走支援

弊社コンサルタントが、貴社のグローバル人事体制構築プロジェクトを、施策立案~進捗管理・実行支援~結果検証に至るまで、共に進めて参ります。

2.弊社窓口でワンストップ支援

人材総合サービスとして培ってきたコネクションを最大限に活かし、グローバル人事戦略の実行に必要なコンテンツをワンストップで提供します。
(例:グローバル人事制度設計・導入、研修、タレントマネジメントシステムなど)

3.海外拠点による現地活動支援

世界15カ国・60拠点のグローバルネットワークを駆使して海外における活動支援および現地情報の提供を行います。

<実施体制例>

導入事例(大手生活用品メーカーA社のケース)

導入の経緯 これまで海外現地拠点に任せきりで、オペレーションメインとなっていた本社体制から事業戦略に基づく計画的なグローバル人材育成・配置を主導できる体制に改革するべく、新たに海外人事担当を配置した上で、グローバル人事推進プロジェクトを発足。弊社も当該プロジェクトに参画し、伴走支援を実施した。
導入前の課題
  • 現地拠点の主要ポスト役割・権限等の実態が把握できていない。
  • グローバル分野で活躍できる素養のある社内人材の情報が一見管理できていない。
  • 一定のスキル・経験が求められるポジションの後任を検討する際の人選が場当たり的で、計画的な人材育成・配置ができていない。
実施施策
  • 現地拠点の主要ポジションの担当や上司に対して、ヒアリング調査を実施。役割等の要件を整理した。
  • 社内のグローバル人材情報をレベル分けして整理した他、定期的に情報を更新できる仕組みを制度化した。
  • 一部の主要ポジションについて、将来的な配属を念頭に候補者を複数名選出した上で、育成を兼ねた配属・研修等のプログラムを企画した。
導入後の成果 海外拠点の主要ポジションの詳細が明文化され、将来的な配属を想定した上での計画的な研修や人材配置が実施できる体制基盤を整備することができた。
本社人事が海外拠点に対して、現地の経営に貢献する姿勢を示すことで、一体感を持った事業の推進を行っていける体制を構築することができた。
担当コンサルタントのコメント

欧州・北米・アジア各国で幅広く事業を展開をしている大手生活用品メーカーにおいて、海外人事推進のために新たに配属された、ご担当者(駐在経験有/人事未経験)と蜜に打ち合わせを重ねながら、当該プロジェクトを進めていきました。成果物の一つであるグローバル人材のデータベースは、経験や職位、スキル等の条件で人材を抽出することが出来、配属や研修を検討する上で利便性が高いことから、海外人事の責任者の方からもお褒めの言葉を頂きました。

お役立ち情報

ここまで御覧くださり、ありがとうございます。
最後に、海外人事ご担当者様向けに「グローバル人事を取り巻く環境と対応の方向性」について
まとめた資料を用意いたしました。業務を進める上での一助となれば幸いです。